ニュージーランドから蜂蜜がやってくる

 

 

今回、紹介頂いたのは、ニュージーランドで蜂蜜を大切に作られてる養蜂家さん。

世界は近い。ZOOMですぐ繋がる。すごい時代です。 ニュージーランドは今は冬なんですよね。。季節が逆。

 

 

はちみつ、みんな好きですよね。 抗菌作用もあり、傷に塗っても良い。蜂蜜ってスゲー(^^♪ 今回、教えてもらった蜂蜜は、透けてない!! 人口的に手を加えないで作るとこんな色になるようです。濃厚。

 

 

そして、朝取りの蜂蜜 朝取り? 蜂は本来、夕方に巣に戻って蜜を乾かす作業をしてるようです。だから乾かした翌朝。 これが、乾かして、フタをしたもの。なるほどーー。

 

 

 

これ、コムハニーっていうそうです。 かぶりつきたい(笑)

トーストに乗せたり、グラノーラやピザにも!美味しそーー!

 

養蜂家さんより

ちなみに。。。

採取してハチミツができるまで約3日間天候に左右されながら作り上げなければならないのです。

そしてミツバチが一匹が一生かけて作り上げるハチミツの量は、ティースプーン1杯分しかできないといわれています。
なので瓶に詰められたハチミツの量は、どれだけ多くの働き蜂によって、長時間かけて作られているということが分かります。

で、さらに
ミツバチが1日で受粉している花の数は3000とも言われてます!!

ハチミツだけを見るとなんと!生産性が低いと思うかもしれませんが、

(一生かけてティースプーン一杯ですからね😢)

植物の目線で受粉の方を見るとめちゃくちゃ高い生産性なんです😳‼︎

そして年々ミツバチは減少しています。

このままのペースだと2035年には絶滅危惧種になるという見方もあるほどです。

 

 

ニュージーランドで、大切に大切に作られた蜂蜜が届きます。
届く日が楽しみすぎるーーーー!!

 

今回、ニュージーランドと繋いで頂きました
コーティングスミスの村上さん。ありがとう(^^♪

あらゆるものにコーティング出来ます。まずは、相談を!

コーティングスミス 京橋駅前店